外壁塗装は日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

外壁や屋根の塗替えは日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

ブログ

外壁塗装をするタイミング

チョーキング現象がみられる

外壁塗装は定期的に行うと住宅の強度を維持でき、長くそこで暮らせます。では具体的にどのタイミングで塗装の依頼をすればいいのでしょうか?代表的な判断基準が、チョーキング現象の有無です。外壁を触った時に、白いチョークのような粉が指に付着しませんか?これがチョーキング現象です。チョーキング現象とは、塗装の劣化によって顔料の成分が粉になっている状況を指します。紫外線や雨風などに長期間さらされたことが原因です。

チョーキング現象が起きているということは、塗料の建物を保護する力が失われている状況を意味します。雨風や日光にさらされると塗膜の内部の構造物の劣化も進みやすくなりますから、早めの外壁塗装がおすすめです。

ひび割れにも注意が必要

マイホームの外壁をチェックしたところ、ひび割れの起きている個所はありませんか?もしひび割れが起きているようであれば、外壁塗装をしてしっかりカバーすることが必要です。ひび割れの隙間からは雨が降った時に雨水が入りやすくなっています。すると構造材の腐食が進んで、建物の強度低下を引き起こしかねません。特にモルタル壁やコンクリート壁の建物で大きく深いひび割れの起きている場合、塗膜だけでなく外壁そのものがひび割れている可能性も考えられます。この場合、より事態は深刻です。外壁塗装を行っている業者に早めに連絡を取り、診断してもらった方がいいでしょう。

雨漏りが起きている

築年数の経過した古い家屋になると、雨が降ると室内で雨漏りが起きるというケースもあるかもしれません。このような雨漏りが起きているのであれば、速やかに必要なリフォーム工事を催した方がいいでしょう。雨漏りが起きているということは、外壁もしくは屋根のどこかに問題が発生していることを意味するからです。屋根の防水シートが劣化している、先ほど紹介した外壁のひび割れによって雨水が内部に侵入していることなどが考えられるでしょう。もし雨漏りの補修を速やかに行わないと、内装材が傷み、ひいては構造材の劣化を引き起こす可能性も出てきます。その結果、住宅そのものの耐久性も劣化しかねません。

外壁の汚れもタイミング

コケやカビなどが生えていて、外壁が以前と比較して汚れているのであれば、塗りなおしをした方がいいでしょう。実は外壁に汚れが付着しやすくなっているのは、塗装の耐久性の低下が原因と考えられるからです。こちらも業者に点検してもらって、今すぐ塗装したほうがいいか判断を仰ぎましょう。

日の出町、あきる野市、青梅市を拠点にご対応しております!

代表 對知
一級塗装技能士の對知です。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!