外壁塗装は日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

外壁や屋根の塗替えは日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

ブログ

外壁塗装が必要な理由

見た目をよくすることだけが目的ではない

外壁塗装は定期的に行う必要があると、塗装業者のホームページなどで記載されているはずです。
これを見ると、「見た目を美しくすることが目的では?」と思う人もいるかもしれません。
確かに外観をよくすることも外壁塗装の目的の一つではありますが、それ以外にももっと重要な意味があります。
それは建物を保護するという目的です。

住宅の外壁は日光や風雨、温度の変化など、いろいろな外気の刺激に常にさらされています。
このため、時間の経過とともにどうしても劣化しやすくなります。
このような建物の劣化を防ぐのが外壁塗装の役割です。
外壁塗装をすると塗膜と呼ばれる膜が建物の表面に付着します。
これが雨風などの外部の刺激から建物を守ってくれるのです。
しかし塗装も時間が経過するとどうしても劣化していきます。
すると建物を保護するという十分な機能が発揮できなくなり、建物自体の劣化を招く恐れがあります。

ですから外壁塗装を定期的に行う必要があるわけです。
劣化した塗膜を新しく塗りなおし、保護機能をよみがえらせます。
通常塗装工事を行う際には、ただ単に表面をペンキ塗りして終わりではありません。
下地処理という工程も含めます。
その結果、雨風を防げるだけの十分な強度を維持できるわけです。

外壁は水に弱い

日本の家屋の場合、一戸建てだと多くが木造住宅ではないでしょうか?文字通り木材をメインとして建設されているのですが、木材は水に弱い性質を持っています。
その他にも日本家屋の外壁にはサイディングボードやモルタル、ALC板などを使っている住宅も見受けられます。
しかしこのいずれも木材同様、水に弱い素材です。
このような外壁の耐水性を高めるには、外壁塗装が欠かせません。

人生の中で最も高い買い物といわれるのが、マイホーム購入です。
おそらく大半の人が人生の中で1度買い物できるかどうかでしょう。
つまり1回マイホームを購入すれば、そこで残りの人生ずっと過ごすという方が多いはずです。
長く同じ住宅に住み続けるためには、建物の強度を維持して、長持ちさせる必要があります。
そのためには、定期的に外壁塗装を行わないといけないわけです。
もし外壁塗装を怠り、建物を劣化したまま放置し続けると、大掛かりな工事がいずれ必要になるかもしれません。
その結果、多額のリフォーム費用を負担することにもつながりかねないので、住宅のメンテナンスは意識したほうがいいでしょう。

日の出町、あきる野市、青梅市を拠点にご対応しております!

代表 對知
一級塗装技能士の對知です。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!