外壁塗装は日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

外壁や屋根の塗替えは日の出町、あきる野市、青梅市のライジアート

ブログ

耐久性に優れるフッ素塗料

優れた耐候性を持った塗料

外壁塗装工事をお願いするにあたって、塗料をどうするかという問題があります。
その中でもフッ素塗料を使ってみるのも選択肢の一つです。
フッ素塗料の特徴として見逃せないのは、優れた耐候性を有する点でしょう。
外壁は紫外線や雨風など、絶えず厳しい環境にさらされています。
しかしフッ素塗料の場合、ほかの塗料と比較すると外壁にしっかり密着できます。
その結果、長期間建物を守れるだけの力を持っているのです。
建物の環境によっても多少左右されますが、耐用年数は15~20年といわれています。
これは主要な外壁塗料の中でも最も長い年数です。

フッ素塗料は耐熱性にも優れた性質を持っています。
太陽光には紫外線が多く含まれていて、これを浴び続けると徐々に色あせが起こります。
しかしフッ素塗料の場合耐熱性に優れ、紫外線を浴び続けてもなかなか劣化しない性質があります。
このため、何年たってもきれいな外壁を保ち続けることが可能です。

親水性を有する塗料

フッ素塗料の特色として、親水性も持ち合わせている点にも注目しましょう。
親水性とはもう少し詳しく説明すると、水に濡れやすく密着しやすいということです。
フッ素塗料には、優れた親水性の塗膜で、汚れと塗膜の間に雨水が滑り込みやすい性質があります。
このため、ちりや鳥のフンのような汚れが外壁に付着しても、雨が降れば先ほどのメカニズムを活かして自動的に洗い流すことができるわけです。
汚れが落ちやすいことも、いつまでもきれいな外壁をキープできる秘密です。

フッ素塗料には防水性もあります。
フッ素には弾性と呼ばれる、イメージとしてはゴムに近い性質を持った塗料も見られ、「弾性○○」のような商品名のものがそうです。
弾性フッ素塗料を使って外壁塗装を行うと、太陽光によって膨張や収縮を柔軟に繰り返します。
塗料の劣化の中でもひび割れは代表的な症状の一つです。
しかし膨張収縮できるため、多少のひび割れが生じてもそれを自分でふさぐだけの能力があります。
その結果、建物内に雨水が浸入するのを防いでくれ、建物の劣化を防止できるわけです。

業者選びは慎重に

耐用年数の長いフッ素塗料を使って外壁塗装をお願いすれば、メンテナンスの頻度を少なくできます。
ただし、フッ素塗料を使用するのであれば、優良な業者にお願いすることが大事です。
下地処理をしっかり行って、正しい用途で塗装しないと、せっかくのフッ素塗料の能力を十分に引き出せません。

日の出町、あきる野市、青梅市を拠点にご対応しております!

代表 對知
一級塗装技能士の對知です。塗り替えのご相談からお見積りはお気軽にお問い合わせ下さい!